AKILABO

とある大学生による政治研究サイト。歴史から国際政治まで。政治に詳しくなるならココ!

【中国近現代史】変法運動の基礎の基礎から解説!

  • 2019.12.08

この記事では19世期後半の中国で行われた変法運動について詳しく解説していきます。日清戦争で敗れた清は自分たちが世界から取り残されていることを実感し、抜本的な改革に乗り出します。その改革が変法運動です。 この変法運動では何が目指されたのか。結果はどうだったのかについて学べば、日清戦争がもたらしたインパクトがわかるかもしれません。 背景ー日清戦争敗北の衝撃 日清戦争で敗れたことは清朝の官僚、知識人にと […]

同治中興についてめちゃめちゃ詳しく解説するので聞いてくれ

  • 2019.12.08

改革はいつも難しいものです。新しいシステムを作るには長い時間がかかるからです。古いシステムに慣れきった人の惰性を消し、既得権益を打破することはどんな有能な政治家でも至難のワザです。19世紀中国も全く同じでした。 同治中興とは何か? 危機による清朝の立ち直りと相対的安定 清朝はアヘン戦争以来の英仏占領と太平天国への対処の大きな問題に直面していました。中央政府でも混乱が続きます。1861年には咸豊帝が […]

金日成は金正日に殺された説を検証③〜「北朝鮮はなぜ孤立するのか」を参考に

  • 2019.12.07

萩原遼の極端さ 過去2回の記事では1980年代から90年代にかけての北朝鮮内部の路線対立について『北朝鮮 真実の金王朝』(萩原 遼)を用いて研究してきた。萩原は金日成と金正日が1990年前後において対立していたとの主張をしている。 萩原は二人の対立は激しく、その結果、金正日が金日成を謀殺したとの結論を下している。しかし、これが正しいのかを証明する証拠はないから、この金正日による金日成謀殺説を立証す […]

【必見】中国目線で日清戦争を解説するとこうなる!

  • 2019.12.04

この記事では日清戦争を中国の目線から理解していきたいと思います。中国からみて日清戦争がどのような戦争だったのかを理解することでより深く日清戦争について考えていきたいと思います。 事件の概要 戦争の勃発までー朝鮮をめぐる日本と清朝 事大党と独立党 日清戦争の直接の原因は朝鮮をめぐる日本と清との対立です。当時の朝鮮では事大党と独立党(開化派)が激しく対立していました。 事大党は保守的なグループ。清朝か […]

【書評】『ルポ トランプ王国』〜本当の「壁」はどこにあるのか

  • 2019.12.03

世界がひっくり返った2016年アメリカ大統領選挙。大方の予想を裏切り、共和党・ドナルド=トランプが勝利した。 党の候補者選びの段階から相次ぐ放言・暴言を繰り返し、泡沫候補と見られていた彼がいつの間にか党候補になり、ついには大統領になった。 来年の11月、彼は大統領再選を見据えている。 なぜ彼は勝ったのだろう。彼に頼りたくなるアメリカ社会の思いとは。 丁寧な現地取材からトランプ勝利の背後にあるアメリ […]

金日成は金正日に殺された説を検証②〜『北朝鮮 金王朝の真実』を参考に

  • 2019.11.30

前回記事⬇︎の続きになる。 萩原遼作『北朝鮮 金王朝の真実』第三章「父・金日成を謀殺する ー1990年秋から父子の路線対立が」を検討する。 1980年ごろから北朝鮮は実質の政治主体が金正日になっていた。1990年ごろになると北朝鮮の経済状態は厳しい状況にあった。この背景には社会主義国の国々が次々と倒れ、北朝鮮を取り巻く国際環境が厳しくなった。 それに加えて、国内における洪水の発生もあ […]

金日成は金正日に殺された説を検証①〜親子の路線対立はあったのか?

  • 2019.11.30

朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)は王朝国家である。専制君主国家と言ってもよい。金日成ー金正日ー金正恩と親子三代に渡る世襲制は社会主義国では前例がない。建国した1948年から金一族による事実上の独裁体制が敷かれている。北朝鮮における権力の源泉は金日成による抗日パルチザン運動から始まる「白頭山の血統」であり、その血統を受け継ぐ金一族がこそが北朝鮮の政治権力を保持するに正統性を持つ。 親子であるか […]

太平天国の乱について死ぬほど本気で解説するので聞いてくれ

  • 2019.11.30

この記事では太平天国の乱について詳しく解説しています。ヨーロッパでの1848年は革命の年でした。ナショナリズムとデモクラシーへの道を切り開く大きな出来事になったからです。 革命の嵐がヨーロッパで吹く中、中国でも大事件が発生しました。それが今回紹介する太平天国の乱です。世界史の授業の中でもスーッと通り過ぎてしまう太平天国の乱ですが、実際にはヨーロッパでの革命に引けをとらないほどのインパクトを持ちまし […]

アヘン戦争についてめちゃくちゃ詳しく解説

  • 2019.11.27

アヘン貿易 中華思想と朝貢システム/冊封体制 中国人は歴史的に他の民族よりも自分たちが知的にも道徳的にも優越している民族だと考えてきました。これがいわゆる中華思想です。中国人は周辺の民族のことを夷狄と呼びました。 そんな中国は周囲の国々とユニークな関係でつながっていました。周囲の国は貢物を中華帝国に恭しく献上し、皇帝は貢物に対して豪華なお返しをしてあげます。いわゆる朝貢です。中国と周辺国は朝貢関係 […]

清の時代にめちゃめちゃ社会が変わったって知ってた?

  • 2019.11.22

この記事では清の時代にいかに中国の社会が変わっていったのか?というお話をしたいと思います。中国の歴史の中において清は近代から現代に移り変わっていくごろの王朝です。清の時代の社会の変化について知ることで今の中国社会を理解するのにも役立つかもしれませんよ!? 清朝の統治構造 イデオロギーとしての徳治主義 清朝は皇帝による統治が行われた時代です。清朝における皇帝とは「最も完璧な人格を備え、全世界を家とみ […]

1 30