韓国の民主化と盧泰愚政権では何があった?

  • 2019.07.17

この記事では1990年代の朝鮮半島について扱っています。主なトピックは、 韓国の民主化と第六共和国の成立 盧泰愚政権の発足 金日成の死去と体制移行 です。時代としては1980年代後半から1990年台前半にあたります。わかりやすく解説しますので、よろしくお願いいたします。 韓国:民主化と第6共和国の成立 1987年に韓国は民主化を達成します。それまでの権威主義的な政権から民主体制へと移行したのです。 […]

「イスラーム国」はなぜ「国」を目指したのか

  • 2019.07.15

はじめに 2019年5月、「イスラーム国」がインドに支配地「ヒンド州」を設置したことが報じられた。シリア、イラクでの勢力衰退へのカモフラージュと見られている。「イスラーム国」はこれまでもその根拠地であるシリアとイラクだけに留まらず、領土的な拡張を志向してきた。2015年にはアフガニスタンからパキスタンにかけての地域を「ホラサン州」と名付け、領有権を主張した事例がある。[i] 中東地域には古今、多く […]

移民をめぐる問題と欧州議会選挙について解説

  • 2019.07.15

EUとゼノフォビア グローバル化の進展と移民の流入冷戦の終焉、中東欧の EU 加盟、広がる格差の問題によって、よそ者嫌いを意味するゼノフォビアが EU の中で蔓延しています。 例えば、2004年オランダの映画製作者が殺害された事件や2005年パリ郊外で差別に抗議する移民第二世代の若者の暴動、2016年イギリスの EU 離脱決定後の移民へのヘイトスピーチなどが挙げられます。 これに呼応するように移民 […]

EUの共通移民政策と難民問題について解説

  • 2019.07.15

EU による共通移民政策 EUの移民の歴史 EU 内での移民の歴史をご紹介します。1950年代南イタリアから他の西洋諸国への移住が盛んになります。1960年代は西洋諸国が労働力不足に陥ったため、EU域外から大規模に移民を受け入れました。 例えば、フランスは旧植民地から移民を受け入れ、西ドイツではトルコやユーゴスラビアなどから数百万単位で移民を受け入れました。その一方、スペイン、ポルトガル、ギリシャ […]

EU市民権についてわかりやすく解説

  • 2019.07.15

EU域内の人の自由移動 EUの中ではまず市場統合が行われます。カネ・モノ・サービスに加えて、ヒトの自由移動が可能になったのです。ここでの「ヒト」とはは当初労働者を指しましたが、1972年のパリ首脳会談で「ヒト」の対象を労働者に限らず、市民一般に拡張することが決定されます。 ティンデマンス報告、アドニド報告などを経て信条に基づく権利から、EC諸機関の努力により、ヨーロッパ市民の政治的権利=「市民権」 […]

欧州通貨危機についてわかりやすく解説

  • 2019.07.15

ギリシャから出た火種 2009年10月にギリシャで新政権が発足します。ここで明らかになったのは財政赤字の嘘でした。旧政権が発表していた財政赤字は3.7%でしたが、実際は13.6%だったのです。ギリシャ政府の支払い返済能力が問題になりました。これをギリシャ危機と言います。 2001年ユーロ加盟を果たしたギリシャはこれ以前に虚偽の報告書を EU に提出していました。2009年10月にパパンドレウ党首を […]

EUの通貨統合についてわかりやすく

  • 2019.07.15

EU の通貨統合について EUの通貨統合の背景 EUの通貨統合の背景には経済的動機と政治的動機の二つの側面があります。 経済的な動機は3つあります。1つ目の目的が経済的な通貨統合によって、為替レートの調整における負担の違いをなくすことです。2つ目が国際的に強い通貨(ドイツのマルクなど)と国際的に弱い通貨との格差を縮めることです。3つ目が国際金融市場のグローバル化への対応です。グローバル化の経済が発 […]

EUの対外政策についてわかりやすく解説します。

  • 2019.07.15

EUの対外政策 今回は EU の対外政策について確認をしていきます。EUはその外部と非常に多様で複雑な関係を持っています。 例えば、近隣諸国との間にENP という外交政策をとっています。ENPにはアルジェリアやエジプト、イスラエル、ヨルダンなどの加盟国があります。 これを結ぶ目的は拡大した EUとその近隣諸国との間に分断線が生じることによる対立を防ぎつつ、すべての国にとっての繁栄や安定安全を強化す […]

EUの排他的権限と共通通商政策についてわかりやすく解説します

  • 2019.07.15

EUの排他的権限とは何か EUの排他的権限とはmEU だけが国際協定を結んだり立法を行うことができる権限のことです。 その該当分野としては、関税同盟、域内市場の機能に必要な競争法規範の制定、ユーロ圏の国々のための金融通貨政策、共通漁業政策に基づく海洋生物資源の保護、共通通商政策、一定の国際協定の締結があります。 EUの共通通商政策 EUの共通通商政策とは欧州経済共同体に加盟国が初めて排他的権限を与 […]

Brexitの流れをわかりやすく解説します

  • 2019.07.15

Brexitの手続きについて  EU は二つの側面を持っています。一つ目が市場統合や共通通貨による通貨統合など諸政策の協議の場所であること。二つ目が国際社会に登場するアクターとしての側面です。Brexitはこれら二つの側面に影響を及ぼす重要な事案です。  EU 条約の第50条に EU 離脱に関する規定がなされています。それによれば、 「EU のすべての加盟国はその憲法上の要請に […]

1 24