align="center"

僕らは「何者」にもなれないことを受け入れて進んでいかないといけない

僕らは「何者」にもなれないことを受け入れて進んでいかないといけない

「何者」にもなれない僕らに「何者」の影

僕らは「何者」を近くで感じる世界に生きています。そこにはSNSの影響がかなりの影響を持っています。社会的な名声や地位のあるいわゆる「有名人」の人を僕らは気軽にフォローすることができるからです。

時代のトップリーダーやトップアスリートの多くがSNSで発信しています。僕ら一般ピーポーは彼らに対して気軽にリプを飛ばしたり、「いいね」をつけたりすることができます。

彼らを身近に感じることで一流が普段から何を考えているのか、どんなご飯を食べているのかなど、彼らの「生活」を身を持って実感できるようになりました。気軽に有名人とつながれるなんて一昔前からすればありえないことです。いい時代になりました。多くの人の夢がかなったのですから。

でも、同時に軽い悲劇も起こっています。一般人があまりに有名人を近くに感じてしまうことで自分と比べてしまう事案が発生しているのです。SNS でたくさんのフォロワーを持っている人は大概が社会的に成功をなした人です。この状況を客観的に見てしまうと、ちょっとした悲劇が起きます。

「何者」ではない僕ら

なんでホリエモンはあんなにフォロワーがいて、ちょっとしたツイートにもめっちゃいいねがつくんだろう。

それにひきかえ、ぼくはなんだ。「おはよう」といってもだれもいいねしてくれないし、ふぉろわぁがふえるなんてことはない。こんなのふびょうどうだ。お か し い。

そう。社会的に成功した「何者」と自分を比べ、いかに自分が「何者でもない」のかを悟ってしまうのです。

自分がいかに発信力がないのか、自分がいかに「何者でもない」のかをひしひしと感じるのです。その嫉妬がつのると人は「何者」の「信者」になります。
この「信者」たちがインフルエンサーの周りに群がります。彼らのツイートを見ては「私もそう思います!」とか「参考になります!」とかリプを飛ばします。「本当にそう」とか薄いコメントとともに引用リツイートして悦に入っていたりする。

彼らの力を借りれば、自分もまた「何者」になれるのではないかと思ってしまうからです。

またSNS で消耗してるの?

インフルエンサー自身もまた「信者」の嫉妬心を使うことで自分自身の存在感を高めようとしています。インフルエンサーに乗っかることで皆さんも影響力を持てますよ!と発信するのです。

こうしてSNSはインフルエンサーの周りに信者が集まり、その信者をインフルエンサーが自分自身のために利用する構図が成り立っています。確かに「社畜はやめよう!」とか「人生全部コンテンツにしよう!」というアピール文句は現状に閉塞感を持っている人には実に甘い言葉として響きます。しかし、現実はそう甘くはない。

僕らは並大抵のことでは「何者」になることはできません。でも「何者」を近くに感じる世界だからこそ、僕らはすぐに「何者」になれるのではないかと勘違いしてしまう。このあくなき「SNS」でのマウントの取り合いからは降りた方が賢明なのかと僕は思っています。

SNS上の世界だけで、「何者」に憧れ、「何者」になろうとする空虚な努力はやめましょう。現実世界でいかにポジションをとれるかどうかが勝負だと思うからです。

まだ「SNS」で消耗してるんですか?

ネットで「何者」なろうとする空虚さ

リアルでの力をつけるためにSNSを使い、リアルでつけた力をSNSに還元していく。これが本当のあるべき姿なのです。社会でのポジションをとったからといってすぐにインターネット上で「何者」になれるわけではありません。そこからもまた大変な努力が必要でしょう。

僕が伝えたいこと。それは「何者」に憧れ、「何者」になろうとする人の空虚さです。いわゆる「信者」です。「信者」のタチが悪いところは社会にどう貢献したいのか、どうしたいのかを明確にせずにネット上で空虚な言論活動をする点です。

繰り返しますが、たいしてメッセージも持っていないのにインフルエンサーの周りに群がって、「そうですよね!」「私もそう思います!」なんてメッセージを送ることになんの意味があるのでしょうか。SNSが言論空間としてオワコンなのは彼らによるところが大きいと思っています。

やっぱり、僕は「信者」のやっていることが到底理解ができません。その時間があるなら英単語の一つでも覚えて、バイリンガール()にでもなった方がいいと思うのですが。僕は間違っているでしょうか?

僕らはネット上だけでは「何者」にはなれません。もし本当に「何者」になりたいのなら、リアルでの世界で自分の地位を確保することが大切なんだろうなと思います。

「何者」にもなれないということを受け入れて、進んでいきたいと考えています。それは簡単にSNSでイキれば「何者」になれるという妄想を捨てるということです。単純に自分には「何にもできない」という悲観論を振りかざすものではありません。

それでは。