align="center"

ブログを書くことはとても大事だと思う

ブログを書くことはとても大事だと思う

はじめに

TwitterやFacebookでブログを更新したことを宣伝しています。「いいね」がついたり、リアルで会った時に「ブログ読んだよ」と言われると、感謝感激雨嵐でございます。本当にありがとうございます。

もちろん、僕が熱量を持って文章を書いていて、そのことが「ブログ読んだよ」という言葉で報われるから感謝するわけです。

しかし、現状、1日のPV数は100もいかない弱小ブログなわけです。TwitterやFacebookで多くの「いいね」がつくわけではありません。それでも、将来的にはできるだけ多くの人に読んでもらうことは僕のモチベーションにもなりますし、僕の目標でもあります。しかし、現状そうではありません。ただの大学生の発信力はこの程度なのかと現実を突きつけられました。

僕がブログを書くことは大切だと思う理由

でも、そんな中でも僕はブログを書くことは大変に大切だと思うのです。

自分がどう思ったのか。自分がどんなことを考えているのか。それを発表することは大変勇気がいることです。できることなら、自分を隠して、他の人を傷つけたくない。そして、何より自分自身を傷つけたくない。こんなことは誰しも一度は考えることです。

しかし、人間は生きている以上、自分がどんなことを考え、どうしたいのかを周囲の人に伝えていく必要があります。そうしないと本当に孤独になります。そんな孤独でいいという人はあんまりいないでしょう。

今はインターネットの時代になって、「周囲の人」というのはどんどん拡大しているわけです。オンライン上ではいろんな人とつながることができます。

多くの人とつながれる時代だからこそ、自分がどう思っているのかをまとめることが大切だと思うのです。コミュニケーションが取れる機会は増えているけど、何を伝えたいのかをまとめる機会は増えてはいないと思うのです。それではせっかくの機会もあまり生かせないのではないでしょうか。

ブログで自分の言葉で発信することは、結局、自分がここにいるということを自分で確認する作業なのです。そうして自分が考えていることをまとめることでコミュニケーションの練習というか、自分が伝えたいことが増えると思うのです。

ブログを書くのは自傷行為?

しかし、自分自身が思っていることをブログで発表することで私は自分自身を傷つけています。自分の思慮の薄さ、知識のなさ、生産性のなさなど。その他、多数。色々なことに気づきます。

そうして負った傷というのはみなさんの「ブログ読んだよ」という一言。もしくは「いいね」ボタンによって多少、いや、かなり報われることになります。

少しでも面白いなと思ってくれた人はぜひ「いいね」ボタンを押してください笑

あなたの「いいね」で救われる命があります

もちろん、僕自身がレベルアップして、傷つかないようにするのが一番なんですけどね…

考えるきっかけとしてのブログ

僕自身、高校生までは受験マシーンとして生きてきた実績があります。その頃を思い出してみると、本当に考えていたことってあったのかなって思います。

今の方が少なくとも色々な人、情報に出会って、考えることができているのではないかなと思うのです。考えることを促進してくれる場が僕にとってはブログなのです。

そうして考えること、自分自身の意見を創っていくことは本当に楽しいと思います。僕はブログを通じて、みなさまにそんなことも伝えられたらいいなと思っています。

定期的にこのような記事を書かないと、目先の記事ばかりに気を取られ、ブログを始めた原点を忘れてしまいそうになるので書きました。それでは。

過去のおすすめ記事

雪だるま式ブログ論について語るよ