コラム

1/3ページ

やっぱり書くことが好きだ

  • 2019.08.16

最近の記事は政治学的な内容が中心で、僕個人の考えや思想が出ない記事ばかり出していました。 勉強の手段としてブログを使っていたわけです。自分のためにはなりますが、やっていて楽しいかと言われると、全然楽しくありません。 これはあたり前のことです。なぜなら、僕は文章を通じて自分の頭で考えることが好きなのであって、何かを「まとめる」作業が好きなわけではないからです。 つまり僕はここ1ヶ月の間、ブログの記事 […]

自己肯定感が低い人は自分を神と思えばよい

  • 2019.06.08

私は神だ 私は神だ 大切なことなので2回言いました。 私は神なのです。 大事なことなので3回言いました。 どうしたんですかアキくん。もともとおかしい頭がついに本格的におかしくなってしまったのですか…と心配されそうです。しかし、誰になんと言われようと僕は神なのです。 神とはこの世界のすべてを創造しました。空間を作ったのも私であり、時の流れを作ったのも私です。 イエスやムハンマドなどが預言者として活動 […]

僕は今、悩んでいる

  • 2019.05.26

タイトル通りです 就職か大学院か。その二つの選択肢の中で迷い、考え、葛藤している。 悩むのもそれなりに理由がある。どちらの選択肢も魅力的で、かつリスクがあるからだ。どちらかの選択肢が圧倒的に魅力的であれば、僕は迷うことなんてない。 迷うとは「決められない」ことだ。これは健全な心の持ちようではない。しかし、いつかは決断し、進路を決めなければいけない。 考えすぎは問題だ。「直感」に従って、気の赴くまま […]

あいみょんが下ネタを使いすぎな件について。

  • 2019.04.21

最近、あいみょんをよく聞いている。「アキさんもついにあいみょんなんて聞くようになっちゃったか〜」と一部友人から否定的な声が聞こえる。 そんな友人からの批判に僕は負けない。youtubeのプレイリストはいつの間にかあいみょんと北朝鮮の音楽ばかりになった。 あいみょんには一部から「メンヘラが聞く歌手」とのイメージが持たれている。私はメンヘラとは一線を画している。あいみょんを聞くような人間と私には乖離が […]

誰も君のことなんて気にしていない

  • 2019.04.09

いやああまじでさ、僕、君のことなんて全く気にしてないわけ。 いやもうこれ本当よ。君がどう感じているかは知らんけども。僕は君のことを全く気にしてない。僕だけじゃない。あいつもあいつもあいつも君のことなんて気にしてないわけ。 僕は君のことを考えるくらいなら彼女のことを考えたり、北朝鮮のことを考えるほうが幸せだ。だからわざわざ貴重なリソースを割いてまで、どうでもいいあなたのことを考える必要はない。 別に […]

「ねえ暇?」と誘うのはセンスがない

  • 2019.04.07

僕は基本的にぼっちだが、たまには遊びや飲み会の誘いを受けることがある。そんな時「ねえ、明日暇?」と言われると行く気がうせる。だから友達が少ない 人を誘う上でこの「暇」なる言葉は使わない方がいい。誰も他の人に「暇な人間」と思われたくないからだ。 しかもこの現代社会、人は誰かから見られていることを過剰に意識している。SNSのせいだ。 そんな時代において「ねえ、暇?」と聞かれるとすぐに「うん。暇ー」なん […]

おじいちゃんおばあちゃんと暮らしてよかったこと

  • 2019.03.30

母方の祖父母と20年間ほど暮らした。今は一緒に暮らしていない。二人ともこの世にいないからである。 祖母が3年前に、祖父が昨年の12月に逝った。二人がいなくなってから祖父母と暮らすことについてよく考えるようになった。祖父母との暮らしが当たり前ではなくなったからだ。 思い返してみれば祖父母と暮らすことでよいことがたくさんあった。お年玉はくれるし、小さい頃はおもちゃをたくさん買ってくれた。 しかし、そん […]

僕は「意識高い系」なのだろうか

  • 2019.03.09

意識高い系大学生の問題の本質 こんにちは。アキです。大学生活も2年が過ぎようとし、一般的には折り返し地点にさしかかっています。 この2年間、多くの人と出会い、多くの土地を訪れ、いろいろな経験をしてきました。とても楽しい大学生活です。しかし、その中で僕がずっと抱えていた悩みがあります。それは「僕は意識高い系大学生にはなっていないだろうか」という問いでした。 1年生のころからインターンをしたり、社会人 […]

私と中国

  • 2019.03.05

 私にとって中国は初めての外国だった。私の出身地は埼玉県の蕨市。実家から歩くとすぐに市は変わり、川口市の芝園団地に着く。今では芝園団地には約5000人ほどが住んでいる。その半分が外国人世帯と言われ、その外国人の内訳のほとんどが中国人だ。しかし、私が芝園団地で遊び始めた小学生低学年の頃、今のように中国人の存在感は大きくなかった。中国は徐々に僕の前に現れたのだった。  小学生のころ芝園団地には祖父とよ […]

ゼミに2回も落ちた大学生の逆襲戦略

  • 2019.03.05

僕、大学のゼミに2回落ちました!!!!!! 頑張ったのに! 何が! ダメだったんだ! 晴れて、ノンゼミファイターに!!(がっくり) とまあ泣き事を言っていてもしょうがありません。今回は少しばかりゼミ試を振り返り、次どんなアクションをしていくのかを考えていきたいと思っています。 どんな挫折であれ、それを反省し、次の行動につなげていくことが必要なことは同じ失敗を犯さないという点で重要でしょう。 反省し […]

1 3