哲学

ビジネスにも役立つ!考え方「現状維持バイアス」についてサクッと解説!

  • 2019.02.13

ある昼休みのことです。 あのお店入ったことないんだけど、うまそうだよな〜。食べログでも評価高かったしなあ。まあでもやめとくか。いつもの定食屋で。安いし。時間もねえし。もっと昼休み長かったらなあ。 あ、そう言えば、今日、ジャンプの発売日だった。買わなきゃ。ジャンプは買わないと落ち着かないし。 こんなことってありませんか? いつものことを変化させないという習性が人間にはあるということです。 あまり変化 […]

【議論】あなたは悪魔の代弁者になるべきである

  • 2018.11.15

よくある議論の風景ー日朝関係を例に ともき君は大学3年生。国際政治のゼミに入っています。今週のゼミの議題は「北朝鮮に対して日本は強硬姿勢を取り続けるべきか否か」です。今日のゼミには3年生だけでなく、4年生や院生も多くきています。 ともき君は議論の前にしっかり準備をしました。侃々諤々の議論をしようと、ともき君はやる気満々です。ではこれからゼミの議論の様子を見てみましょう。 ーーーーーーーーーーーーー […]

多様性のその先に何があるのだろう

  • 2018.10.30

多様性は作り出すものではない 多様性はそこに存在するのである。 近年の多様性は一種のバズワードである。どこもかしこでも多様性の重要性が語られる。多様性を具体化すれば、その中身は女性の活躍や外国人材の受け入れなどである。 多様性を正確に理解するには自分の中で視座を設定し、その視座通りの認知をすることが必要である。そうしなければ、人は認知と自分が見ている視座のギャップに違和感を感じ、その違和感を埋める […]

「認知的不協和」を軽くわかりやすく解説する

  • 2018.09.13

前の記事とつながりを持たせているので、もしよろしければご覧ください。(前半部分だけで結構です。) 【自由からの逃走】「大学生は自由」なんて真っ赤な嘘だ!! 小噺を少々 アキラくんはなんだかどうでもよくなってしまったのです。自由な大学生活のはずでした。でも、なんとなくサークルやバイト、人間関係にふりまわされて、気づけば自分のしたいこともよくわからない。思ったより自由じゃないなあ。 数日後。 もうどう […]

「みんなと同じことはしたくない」は矛盾している

  • 2018.07.01

「みんなと同じことはしたくない」という矛盾 「みんなと同じことはしたくない」とは誰しも抱いたことのある感情で、そんな感情を煽るように「みんなと同じことはするな!」と巷では言われる。 時折、ぼくも「みんなと同じことはしたくない」という感情が湧いてくる。そんな感情は起こるはずはないのに。理論上。なんでこんな感情は湧いてくるのだろうか? どんな時にその感情は湧いてくる? 気づいたら僕も「みんなと同じ」よ […]

「一般論」をアップデートせよ!

  • 2018.05.21

編集長のアキです。 「一般論」を語ることは本当に難しいです。 「一般論」をドヤ顔で語れば、薄っぺらい人間だと思われる。 かと言って、「一般論」をいうことにためらって意見ができなくなってしまっては元も子もないのでとても扱い方が難しいのです。 そんな「一般論」をどのように扱っていけばいいのでしょうか。一緒に考えていきましょう! 「一般論」とはなんでしょうか。 「一般論」とは 世間に広く認められると考え […]

生き方に悩んでいる人には中島芭旺くんを知ってほしい

  • 2018.04.05

↑中島芭旺くんではないのでご注意!笑  多様になる生き方にひそむ罠 編集長のアキです。 たくさんの生き方、たくさんの働き方が受け入れられるようになっているこのごろ。 その中で自分がどんな生き方をしていけばいいのかわからなくなってしまう人も多いかと思います。 そんな人に知ってほしい人がいます。 「12歳の哲学者」中島芭旺くんです。 著書「見てる、知ってる、考えてる」がベストセラーになったことで知って […]