教養

1/2ページ

多メディア化によってメディアを取り巻く環境はどうなった?

  • 2019.07.21

この記事では多メディア化によってメディアを取り巻く環境の変化について解説していきます。 メディア間の境界はインターネットの登場もあり曖昧になっています。この多メディア化によってメディアを取り巻く環境がどのように変化してきたのかについて解説していきます。 制度改正の動向 近年、技術の動向を後追いする形で制度改正が進行しています。技術の進展に即応する形で、制度(規制のあり方)を手直しすることは困難です […]

多メディア化がもたらした既存メディアの変化

  • 2019.07.21

この記事では多メディア化がもたらした変化について解説しています。近年、メディアの記事は大幅に増加しています。それを踏まえて、新聞やテレビのような既存のメディアにはどのような変化が生まれたのでしょうか。解説していきたいと思います。 多メディア化による変化 1990年代には衛星放送やケーブルテレビの普及に伴う多チャンネル化が進展しました。2000年代に入ると、多チャンネル化に加えて、インターネットが普 […]

メディア規制と第三者機関の機能について解説!

  • 2019.07.21

この記事ではメディアの規制への第三者機関の役割について解説しています。メディアへの規制には構造規制と内容規制の二つがありますが、近年になってこの規制に第三者機関が大きな影響を及ぼしています。 放送業者による自主規制と行政指導による行政規制の他に第三者機関が果たす役割とは何かを解説していきたいと思います。 第三者機関の機能 放送事業者としては、内容規制の強化が困難な中で、コンテンツの適正化を図る必要 […]

【ホリエモン】日本のメディアも結局、カネ次第?

  • 2019.07.21

マス・メディアも資本の論理によって翻弄される 資本を通じた企業統治の構造が他の産業とマスメディアで変わることはありません。フジサンケイグループのように資本関係にねじれが現れるケースもあります。 フジサンケイグループは実質的にフジテレビを中心として運営されていましたが、フジテレビの筆頭株主がニッポン放送といういびつな構造だったのです。 ニッポン放送の筆頭株主となった村上ファンドの村上世彰がフジテレビ […]

日本の映画産業の歴史について解説

  • 2019.07.21

1950年代の黄金期とその後の緩やかな回復 映画は1950年代後半に最盛期を迎え、「娯楽の王様」としての地位を確立します。作品数も年間500本と量産され、国民1人あたり年間の12.3回も映画館に足を運びました。 しかし、映画業界はテレビの普及によって急激に斜陽産業化します。映画のテレビ放送を解禁するなど、テレビとの共存政策を進めますが、回復にはいたらず、大手5社の一つ、大映は倒産します。 1970 […]

非公式な放送規制について詳しく解説!

  • 2019.07.21

この記事では日本の放送規制について詳しく解説しています。従来の放送規制は世界的に見て厳格な程度までに内容規制を回避してきたと言われていますが、放送番組に対して非公式な「介入事例」はしばしば起きています。 これを踏まえ、戦後、日本の放送に対していかに内容規制が行われていたのかに関して解説していきます。 戦後日本の放送規制の特徴 戦後日本の放送規制は独任制の行政庁が規制を担当してきました。 放送局を開 […]

出版業界の歴史について解説

  • 2019.07.20

この記事では日本の出版業界がどのような歴史をたどり、現在に至っているのかの解説をしていきます。何気なく見る本もその裏には出版社の存在があります。出版社について知ることで、本の存在をより短に感じることができるかもしれません。 企業規模に比較して大きい社会的機能 戦後の出版業界は岩波書店に代表されるように規模に比して、その社会的機能は大きいものでした。 出版業界の産業規模は全体の売り上げが1兆5000 […]

放送規制=内容規制+構造規制について解説

  • 2019.07.20

この記事では放送規制について解説しています。日本の放送には二つの規制がかかっています。内容規制と構造規制です。この2つに注目することによって日本の放送業界が規制を受けながらどのように活動しているのかがわかります。順番に解説していきましょう。 放送メディアへの規制の特徴 放送メディアの規制には他のメディアにはない特徴があります。それは二つの規制=内容規制と構造規制がかかっている点です。 内容規制では […]

広告会社とマスコミの関係を丁寧に解説します

  • 2019.07.20

戦前の企業統合の影響 戦前には中小の広告代理店が存在していたものの、総力戦体制下で企業統合が図られることで、現在につながる業界秩序が形成されていきました。 戦前の広告会社の中で大きな3つの会社が萬年社、博報堂、日本広告会社(電通の前身)です。その中でもとりわけ日本広告会社が果たした役割は大きく、広告会社の統合のイニシアチブをとりました。このように戦前の広告業界には新聞統合に類似した現象が起きました […]

民放はどうやってできた?ラジオと新聞の関係が大切

  • 2019.07.20

この記事では日本の民放がどうやってできたのかを解説していきます。普段見るテレビがどのようにできたのを知れば、もう少しテレビを深く見ることができるようになると思います。 民放開設までの流れ 戦後、日本政府によって民放の開設に向けた動きが進むと新聞社が開局に意欲を示します。毎日新聞、朝日新聞、読売新聞などが名乗りをあげます。 1950年に電波3法が施行されると、新聞社に加えて東京など大都市部ではさまざ […]