生き方

1/2ページ

「シニカル」のススメ〜生きづらい世の中の処世術〜

  • 2019.01.05

こんにちは。アキです。今日はシニカルについて書いていきます。 「シニカル」とはなんだろう 「シニカル」って知ってます? 僕結構、「シニカル」になっちゃうんですよね。「アキ、うざいな」と思われてるかもしれませんが。まあ気にしません。シニカルなんで。で、この「シニカル」って生きていく中で自分を楽にさせてくれると思ったりする。 シニカルって辞書的に言えば、「冷笑的な」みたいな態度のことなんだけど、僕なり […]

本物のアウトプットとはなんなのか

  • 2018.12.19

アウトプットに追われる毎日 私が片足を突っ込んでいるブログの世界では、「アウトプット」の必要性は至る所で叫ばれています。カリスマブロガー「イケハヤ氏」もまた「#ブログ書け」のハッシュタグに見られるように「アウトプット」の重要性を声高に叫んでいます。 今回は「アウトプット」の重要性を今一度再定義してみようという記事です。一言で「アウトプット」を言われてもその中身はなんなのか。目指すべきアウトプットと […]

「普通」を疑う苦しみを味わおう

  • 2018.12.07

「普通」の範囲はどんどん広がっている 「普通」という言葉は僕らの周りに溢れている。コンビニが24時間空いているのも「普通」だし、スマホが使えるのも「普通」。でも、70年前にはそんなことは「普通」じゃなかった。 日本はとっても平和だ。モノは溢れている。人も優しい。便利な世の中だ。平和な社会の後押しを受けて、僕らの「普通」はどんどんレベルアップしてきた。 「普通」の範囲は時代とともに広がっているのだ。 […]

好きなことを議論するのは本当に楽しいことなんだよね

  • 2018.11.16

この記事は議論の楽しさについて語ったものです。 議論は何も難しいものではない 「議論」と聞くとなんだか難しいもののように感じてしまう人がとても多い印象を持っています。やっぱり「議論」には、いかつい自称専門家が持論を述べ合うイメージがあるからなのかもしれません。 しかし、本当の「議論」ってのはそんなものじゃないと僕は思ったりします。自称専門家が日曜日のテレビでやっていることなんて「議論」じゃない。「 […]

目的のないところから目的は生まれるという矛盾と面白さ

  • 2018.11.08

世の中は目的にあふれている。目的意識を持って行動することはとても大切なことだけれど、目的、目的、目的。になってしまうとこれはこれで大変だ。 なぜかって、何か目的がないと行動してはいけないんじゃないかって不安になるから。 じゃあ目的とはなんだろう。目的とは自分を縛り付けるためにあるものではないのだけれど。 最近では目的のないところに目的は生まれると感じている。 僕は友人と月二回ぐらい都内のカフェで「 […]

【ムーミン】人間関係に悩んでいる人へ。スナフキンの言葉を。

  • 2018.11.06

いつも愛想よくなんてやっていられないよ 理由は簡単 時間がないんだ ムーミンの世界でのスナフキンは自由と孤独を愛する旅人だ。どこからともなくやってきて、ふっと去っていく。 しかし、彼はただ去っていくだけではない。僕らの心にぐさっと刺さる言葉を残して去っていく。 スナフキンの言葉は爽やかだ。それは彼が孤独を愛する旅人と無関係ではない。押し付けがましくない。彼の去り際と生き様が爽やかだからだ。 彼の言 […]

この世の中は地獄であると思った方が楽なのではないか

  • 2018.11.06

辛いことがあると人は絶望する。失恋、裏切り、借金、死別など。人生には嬉しいこともあれば、辛いこともある。辛いことがあるたびに人は悲しみ、憂鬱になる。ひどければ絶望するし、うつ病になったり、最悪、自殺する。 辛いことにあって絶望している人が決まっていうセリフは「ああ。この世は地獄だ…」 そんな人を見て、周りの人は「そんなことないよ。生きていればいいことあるよ」と言う。でも僕は絶望している人に向かって […]

「人の役に立ちたいんです!」という言葉にはなんの意味もない

  • 2018.10.30

生来よりひねくれている人間なので「人の役に立ちたい!」という発言をする人間を信用することができません。その人自身が自分自身に対して不誠実だと思うからです。 人にはエゴがあります。自分をすごく見せたい。誰かに認めらたい。リア充のように振る舞いたい。 これは社会的な動物である人間にとって普通の感覚であり、欲求です。僕はこのような欲求を持つ人を否定することはできません。逆にとても素直な人だと思います。 […]

近代と脱近代のはざま、「ボクらの世代」は苦悩する

  • 2018.09.14

「ボクらの世代」は苦悩する ここでは、1990年年代後半から2000年の前半ぐらいまでに生まれた人たちのことを「ボクらの世代」と呼ぶことにしよう。 僕自身もがっつり「ボクらの世代」だ。 そんな「ボクら」はとっても大変な世代だと思う。なぜか。 それは大きく変化する世界と昔のままの世界とのギャップで苦しむことになると思うから。これを「近代と脱近代のはざま」と表現したいと思う。 そのはざまでちょうど「ボ […]

いつか幸せについて考えないといけないときがくるんだろうなあ

  • 2018.09.13

いつなのか今なのか 生きている中で幸せについて考えないといけない場面がくるんだろうなあと思っている。 でも、それがいつなのかはよくわからない。いつ、どこで、どれくらい「幸せ」について考えればいいのかはわからない。それでも、「幸せ」について考える必要があるのは確かだ。 なぜかって。 それは、人は幸せになるための動物だからだ。 でも「幸せってなんなんだろうね」とひとたび口に出せば、周りの反応は「うわ、 […]