【5日目】みんな 旅行記 書こうぜ!!【九州最終回】

【5日目】みんな 旅行記 書こうぜ!!【九州最終回】

4日の様子はこちら

4日目】予想外の充実度!鹿児島市内観光

第5日目 8月15日@鹿児島県鹿児島市

サンフランシスコ 11日間 のち、九州5日間

7/28に始まった一連の「旅」も今日で一応の終わりを迎えようとしています。

今回は九州5日間の振り返りをするとともに、なぜ僕が旅先での毎日をブログにて発表しているのかについて、改めて考えてみようと思います。

九州での5日間はめちゃくちゃ「アツかった」!!

九州は今、一言で言うとめっちゃ「アツイ」

二つの「アツい」から僕の5日間を簡単に振り返ってみます。

①暑いぜ!九州

夏真っ盛り。連日35℃を超えるような猛暑。もちろん「暑い」

特に3日目が一番暑かった。熊本は今でも熊本城を中心にガンガン地震の影響が残っていて、暑さプラス地震で、改めて日本の自然は厳しいなあと思ったものでした。

3日目の様子はこちら→【3日目】火の国・熊本で自然の厳しさを知る【地震】

②「アツい」ぜ!鹿児島

大河ドラマ「西郷どん」、明治維新から150年。日本が大きく変わった節目を振り返るに2018年は最高の1年でしょう。現代日本を作り上げた「明治維新」の裏には西郷を筆頭にする薩摩人々の「アツい」思いがあったわけです。

「日本をよくしよう」「生まれ育った土地に恩返しを」シンプルだけど、強い。そんな思いを鹿児島から、そして薩摩国から感じました。

4日目の様子はこちら→【4日目】予想外の充実度!鹿児島市内観光

旅先での思いをまとめる3つの理由

人のことは気にしない

と、まあこんな感じで、旅先での気づきとか感じたことを僕は欠かさずまとめてきたわけです。

「またあんなことやってるよ」とか「どうせ読まれないのにね」とか思われているんだろうなあと思うこともままあるのですが、僕はそれでもやり続けてきました。

なぜ僕はある程度労力を割いてまで、こんなことをやってきたのでしょうか。

せっかく旅行にきたのだから、ストレスフリーで楽しみなよ。そんなブログのネタになるようなことをゴリゴリ探してるんじゃなくてさ。そんな悪魔のささやきが聞こえてきそうです。

でも、僕はやるのです。旅先で血眼になって新しいものや気づきを探そうとするのです。

理由①:忘れたくないから

なんだ。シンプルな理由ですね。

はい、そうです。

僕は旅先のことを忘れたくないのです。人は人生の中で訪れることのできる場所、都市、観光地は限られています。だから、短い人生の中で幸運にも訪れることのできた街との縁を大切にしたいと思っています。縁を大切するということは僕に取って、記録に残して、忘れないようにするということなのです。

理由②:旅行をもっと楽しむため

幸運にも訪れるができた街や観光地ををより楽しむにはより多くのことに気づくことが必要なのではないかなと思います。ブログってのはネタ探しが7割です。(多分)

だから、ブログを書こうとすれば、多くのネタを旅行先から得ようと思うはずです。その結果より旅行に「集中」することができると思います。それは旅の満足度に直結すると思うのです。

理由②:次の旅に行きたいと思えるようにしたいから

昔のことを引きずってしまうことは何においてもよくないことです。

恋愛を例にしてみましょう。

恋人と行ったカフェが忘れられない。何気ない会話が忘れられない。次の恋愛に進めない。自分でもおかしいことをしているとはわかっているんだけど、なかなか行動できなくなってしまっている。そんなことってあるんじゃないかな。

旅でも同じことです。いい思い出が作れたと思って、その余韻に浸りすぎると自分が訪れた場所にのめり込んでしまうような感じがします(※あくまで個人の見解です)

「またあの場所、素敵だったなあ」「もう一回行きたいなあ」(沖縄から帰ってきて僕はこんな思いになりました)

こんな思いになると次の旅を計画するに当たって、差し障りが出る可能性があるのです。

というのも、僕はどんどん新しいところに行って、新鮮な感覚を味わいたいと思っています。だから、自分が行った土地に「恋」してしまうことは僕本来の目的を叶えるのにあまりよくないことだと思っています。「恋」したせいで同じ場所を何回も訪れることはあまりやりたくないのです。

だから、文章でまとめることで自分自身にとっての「区切り」にして、次の旅を前向きに考えられるようにしたいと思うのです。

さいごに

9月下旬までにあといくつかの旅が待っています。その様子を通じて、旅行で「気づく」ことを続けていきたいと思います。その楽しさをみなさんに知ってもらえたら、これは僥倖という他ないでしょう。ではでは。