【体験記あり】大学生はとりあえずインターンしよう。

【体験記あり】大学生はとりあえずインターンしよう。

大学生はインターンで起点を作ろう

とりあえず大学生はインターンをしようぜって話をする。できれば長期がいい。数社でインターンできたらなおさらいい。

僕は今、大学2年生だが、今の会社を含めれば3社でインターンをしてきた。一つ一つ着実にステップアップできている実感がある。

参考までにどんな会社でインターンをしてきたかっていうと

  1. 旅行系のベンチャー企業
  2. webライター(インバウンド関連)
  3. webメディア(メディアディレクション)←イマココ

今回はそんな僕の経験を含めながら、大学生はインターンにチャレンジしようってことをお伝えしたい。

どうやってインターンを探す?

とりあえず、すべての大学生はインターンをしよう。

ゼロワンインターンやWANTEDLYなど、求人は溢れている。自分が興味を持ったものに応募しまくろう。

インターンの倍率は高い。一社落ちてもめげないこと。1社目の企業は倍率10倍だった。10社ぐらい応募して、採用されればラッキーだ。それぐらいに思っておこう。

てか、なんでこんなに僕自身がインターンを推しているのかってことを説明しないといけないよね。

なんで大学生はインターンをすべきかって、多くの大学生が閉塞感を持っているからなんだよねぇ。

僕の周りにも閉塞感を持って、就活を迎える人は多い。今、2年生だけど、先輩の多くが、少ない学生生活での経験を美化して、就活に望もうと思っているのよね。

でもそれじゃ、なんとなく就活をしてしまうし、自分に嘘をついている感じだ。こんな大学生活もったないない。

インターンをすれば、なんとなく自分が社会に対してどう貢献できるのかが見えてくる。平たく言えば、自分が何に興味があって、何をすれば幸せなのかが見えてくる。

この経験は単調作業のアルバイトではできないと思うんだ。インターンは自分と社会の交わり方を見つけるための手段ってことなのよ。

その経験は必ず就活でも活きる。

という訳で、インターンをしようって言ったのは、自分の大学生活に閉塞感を打破するためってことと社会との交わり方を考えるきっかけになるってのが理由として大きい。

ここまで聞いて、よしインターンをやってみようと思った人は下のサイトからすぐに探そう。応援している。君なら絶対にできる。

ゼロワンインターン→https://01intern.com/

ウォンテッドリー→https://www.wantedly.com/#_=_

周りの友人は放っておけ

応募した? いいね!! きっと君の大学生活は輝き始めるだろう。

でも、周りの奴らから「意識高いねw」って言われるのが怖いんです…

そんな奴は放っておこう。インターンなんて別に特段意識が高いことじゃないし、そんなに合わせてとつるんだ大学生活なんてどうしようもないものになること間違いない。

君が応募したなら、少し僕の話をしよう。インターン1社目は、ざっくりいうと、web上の旅行代理店みたいなところだった。

旅行が好きだったので、これめっちゃいいやーんと思って、応募したら受かった。最初の理由なんてそんなもんだ。でも、それで許される。なんたって学生だから。

2社目はライターインターンだった。ブログをやり始めて、自分の中で書くこと楽しいなってなって、じゃあそれでインターンしてみようってことで応募した。

3社目は、2社のインターンを踏まえて、書くこととwebメディアに興味があったので、webメディアにインターンに応募。今は月間30万UUぐらいのメディアをインターン生で回している。

僕のインターンの文脈はこんな感じだ。自分の好きなことや得意なことと社会や会社を結びつけてみる経験って大切だと思っていて、これは別に「意識高い」とかそういう問題ではなく、生きていく上で大切だと思うんだよね。

自分と社会との交わり方を見つけよう

好きなことが見つからないとか、将来何しようっていう大学生はとりあえず自分と社会の交わり方を見つけるためにインターンを応募してみよう。

サークルやゼミ、アルバイトのような同年代と関わるだけでは見えない世界が見えてくるはずだ。探すのは上の二つのサイトが求人数が多くおすすめだ。

インターンをして、大学生活に起点を作ろうってことを喋ってきました。ではでは。