多メディア化がもたらした既存メディアの変化

多メディア化がもたらした既存メディアの変化

この記事では多メディア化がもたらした変化について解説しています。近年、メディアの記事は大幅に増加しています。それを踏まえて、新聞やテレビのような既存のメディアにはどのような変化が生まれたのでしょうか。解説していきたいと思います。

多メディア化による変化

1990年代には衛星放送やケーブルテレビの普及に伴う多チャンネル化が進展しました。2000年代に入ると、多チャンネル化に加えて、インターネットが普及します。これによって放送と通信の融合が進むとともに、新聞などの他のメディアにも影響が波及しました。

既存の事業者の変化

放送業界はテレビの売上高は横ばいで推移している一方でラジオではその落ち込みが激しくなっています。新聞は2000年ごろをピークに市場が縮小しています。

各事業者ともネット展開を迫られていますが、必ずしも順調とは言えません。

経営面での課題

各事業者とも経営悪化がさらに進めば、情報の多元性・地域性の確保に関係してくる可能性があります。

テレビ放送事業は比較的安定しているものの、先行きには不透明感があります。放送関連市場の縮小に伴って、厳しい経営が続いた場合、ローカル局がコスト削減のために自社制作比率を抑え、放送の地域性に影響ができる場合があります。

近年ではインターネット放送と呼ばれる放送が普及したり、地上波放送をインターネット展開するなど、インターネットを中心とした映像メディアが次々と誕生しています。

新聞社も各新聞社はデジタル展開を狙ったり、ラジオ側は新たな電波帯域の活用を行ったりしています。しかし。このような経営改善を狙った新たな事業展開も成功するかどうかは不透明です。