align="center"

【ルポ】韓国と北朝鮮の境界線はあまりに不気味だった

  • 2018.09.27

編集長のアキです。朝鮮半島南北分断の象徴・北緯38度線付近をツアーで訪れました。この記事は、その様子を綴ったものです。なお写真撮影は基本的に許可されていなかったので文章を通じてお楽しみください。 バスはソウルを抜けて北へ「北」へ 9月中旬。季節は秋への兆しを見せつつある。うらぶれた晩夏の風がバスを押す。 バスはソウル特別市を出発した。ソウルから離れれば離れるほど高層マンションは姿を消していく。 そ […]

仁川国際空港はキムチ臭い!五感をフルに使って外国を楽しもう!

  • 2018.09.21

はじめて僕が韓国に行くことにしたとき、母親は僕にこう言った。 「韓国の空港に降りたら、キムチの匂いがするのよ。まあ30年前の話だけどね」 マジでゆうてるの? 僕は半信半疑だった。確かにキムチってきつめの匂いがする。でも、その匂いが空港にまで蔓延しているなら、かなり重症なのではないか。大丈夫か?韓国? ちなみに僕はあまりキムチが得意ではない。だからこそ、空港におけるキムチ臭蔓延はやめてほしいところで […]

面白いブログを書くにはググっちゃいけない!

  • 2018.09.20

「日刊文秋」編集長のアキです。こんにちは。 ハル「面白いブログかけないなあ〜 編集長!面白いブログの書き方を教えてください!」 わかるわあ。その悩み。読者の人は忙しいからはっきり言って「並み」の文章では立ち止まってくれないもんね。 でもだからと言って「面白いブログを書くには」なんてググっちゃダメだ! (とアキは思う) 今回はその「面白いブログの書き方とググることの関係」について書いていくよ 面白い […]

みんなで「ジャーナリズム」をしてみよう

  • 2018.09.15

以前こんなツイートをしたことがあります。 これがジャーナリズム(適当)@横須賀市三笠公園 Pokémon GOのイベント会場より(行ったらたまたまやってた) pic.twitter.com/ZizT8cZzaT — AKI (@3301ysfm) September 2, 2018 (twitterフォローしていただけると嬉しいです…!) たまたま横須賀に行ったら、ポケモンGOのイベン […]

近代と脱近代のはざま、「ボクらの世代」は苦悩する

  • 2018.09.14

「ボクらの世代」は苦悩する ここでは、1990年年代後半から2000年の前半ぐらいまでに生まれた人たちのことを「ボクらの世代」と呼ぶことにしよう。 僕自身もがっつり「ボクらの世代」だ。 そんな「ボクら」はとっても大変な世代だと思う。なぜか。 それは大きく変化する世界と昔のままの世界とのギャップで苦しむことになると思うから。これを「近代と脱近代のはざま」と表現したいと思う。 そのはざまでちょうど「ボ […]

「認知的不協和」を軽くわかりやすく解説する

  • 2018.09.13

前の記事とつながりを持たせているので、もしよろしければご覧ください。(前半部分だけで結構です。) →【自由からの逃走】「大学生は自由」なんて真っ赤な嘘だ!! 小噺を少々 アキラくんはなんだかどうでもよくなってしまったのです。自由な大学生活のはずでした。でも、なんとなくサークルやバイト、人間関係にふりまわされて、気づけば自分のしたいこともよくわからない。思ったより自由じゃないなあ。 数日後。 もうど […]

いつか幸せについて考えないといけないときがくるんだろうなあ

  • 2018.09.13

いつなのか今なのか 生きている中で幸せについて考えないといけない場面がくるんだろうなあと思っている。 でも、それがいつなのかはよくわからない。いつ、どこで、どれくらい「幸せ」について考えればいいのかはわからない。それでも、「幸せ」について考える必要があるのは確かだ。 なぜかって。 それは、人は幸せになるための動物だからだ。 でも「幸せってなんなんだろうね」とひとたび口に出せば、周りの反応は「うわ、 […]

ブログをツイッターで宣伝するのは恥ずかしくないの?

  • 2018.09.11

結論からいうと、恥ずかしかった。 僕の周りにブログを書いている人はそんなにいない。 だから、自分しかやっていないという気恥ずかしさで長らくツイッターに宣伝することは控えていた。 なぜかというとツイッターのFF関係には高校時代とか比較的古くからの友人が多いからだ。 だから、彼らに僕がどんな発想でブログを書いているのかを知られることはちょっときつかった。 彼らには彼らなりの「僕」というイメージがあって […]

言葉は完璧じゃないから、人間との相性がいい

  • 2018.09.11

言葉のせいで疲れてしまう 言葉は疲れる。 言葉は不完全なものだ。 これまで言葉が自分が伝えたいことを完璧に伝えてくれたことなんて本当に数えるぐらいのものだろう。 自分の言いたいことって、感情なわけだけど。その感情ってのも、周りの種々の要素に影響される。 一口に「楽しかった」って言っても、どこがどう楽しかったのかとかは千差万別で。 かと言って、会話の中で「楽しかった」を「どこが!どう!楽しかったの! […]

我、少しの疲れにつき。

  • 2018.09.11

疲れてしまった件について 少し疲れた。 柄にもなく、クラッシック音楽をかけている。 肘掛けに右ひじを置いて、上側に伸ばしてみる。 当たり前のように手のひらが僕を手招きする。僕はそこに自分のあごを乗せてみる。 寝てしまいそうだ。 ぐったりしている。 大学の夏休みが始まったのが7月の27日。 そこからサンフランシスコに行き、九州に行き、そのほか諸々。自分にとってかなり充実した夏休みだが、その一方でふと […]

1 10 18