AKITEN JOURNALの編集方針〜とりあえず生産せよ〜

AKITEN JOURNALの編集方針〜とりあえず生産せよ〜

弊ブログ=AKITEN JOURNAL へようこそ

今回は謎に包まれたAKITEN JOUNALの編集方針についてご紹介しましょう。

弊ブログの方針は大量生産!!!! これに尽きる!

編集長のあきくんがひたすらに文章を書き続けていきます。
なぜかというと、ブログがグーグルさんに評価されるにはそのサイトがたくさんの情報を持っている必要があるからです。

グーグルさんに評価されることで、検索の順番は上の方に来ることになります。アクセスアップによる収益化を狙う弊ブログにとって、検索の順番が上の方に来ることはとてもとてもとてもとても大切なことなのです。

まあざっくりとした説明だこと。グーグルさん的には多くの情報を持っているサイトの記事を上位に持ってくると、情報の探し手としてもほしい情報が見つかると思っているのでしょう。

まあ詳しいSEOのことは勉強してないですしよくわかりません。サイトデザインなんてもってのほかです。でも、僕はそれでいいと思っています。

僕が持っている大量の情報を皆さんに届けることが求められていると思っているからです。それでいっぱい皆さんが見てくれるようになったら、見せ方も考えていきますからね。

これって僕にとっても心理的にとても楽なことなんですよね。ひたすらに文章を書きまくって、リリースするのってめっちゃ心理的に安定するんですよねー。今日も更新できたなって。自信になります。生活にハリが出ます。

とりあえず書けばいいかって。なんでもいいから書き始めちゃえば勝ちですからね。アリストテレスもそういってます。「始めちゃえば物事の半分は終わっている」ってね。

ということでいっぱい生産して、数打ちゃ当たる戦法で行きたいと考えていますね。当たったらその記事に関連する記事をいっぱい生産していきたいと思ってます。これって結構真理をついていると思っていて、当たった周りを鍛えて行くことで、直帰率も下がる。つまりpv数が増える。ぐへへ。楽しい。もしかして儲かっちゃう?
まあアドセンスで儲かるよりもとりあえずpv数を増やしていく方針にでやっていってます。

ちょっと話ずれるけど、大量生産のメリットの話ね。

大量生産にはいろんないいことがある。僕はこんなにできるんだと思えること。これはまじででかい。なにか辛いことがあってもこれだけできるんだと思うだけでめっちゃ自信になる。

スポーツしてる奴らがやたら自信ありげに見えるのも、スポーツは自分ができないことをできるようにしていく営みだからだ。
彼らは常に自分の不可能に練習を通じて挑んでいる。だから自信ありげに見える。

ブログでも同じ。一日500文字でもいいから書いて見ると1年後、本当に世界が違って見える。僕は一年前の自分よりも本当に違う世界に来られたと思っている。それは世界を見る視座が鍛えられるってことだわ。

書くことは僕はとても配慮がいることだと思う。これを読んで読者の人は楽しむのか、楽しまないのか、誰かを傷つけてはいないのか、不快にさせていないのか。

みんながみんなはっぴいになる文章はないが、みんなを不幸にさせる文章もない。ということで、大量生産することで自分のためにもなるし、誰かのためにもなる確率を僕はどんどん上げていっているのです。