align="center"

ブログ建設のためには大量生産運動を展開しなければならない。

ブログ建設のためには大量生産運動を展開しなければならない。

このサイトでは編集長である私、アキがひたすらに文章を書き続けている。1年間で180本ほどの記事を執筆したが、ボツにしてゴミ箱に無慈悲にも入れてしまった記事もあるので実質は200本ほど執筆しているのではないだろうか。

大量生産、質より量というのはどんな場面でも正義である。どれだけ質がよいものを作ってもそれが一年に一本では誰にも認知されず消えていく。

こだわりにこだわりぬき、これならきっとバズるだろうという妄信を振り回し、大量生産主義への背信することはあってはならないことだ。

それよりもそこそこのクオリティでまずはコツを掴んでいくことが大切である。偉大な資本主義社会の富貴栄華に満ちたブログ建設を行うには計画性に満ち満ちた大量生産運動を激しく展開しなければいけない。

我々の偉大なブログ計画は敬愛なる指導者Google同志あってこそのものである。敬愛なるGoogle同志は近年、ドメインの情報量を重視されている。

多くの情報量を持っているサイトを検索順番でも上位に表示させようと粉骨砕身されている。だからこそ、多くの情報量を持っているサイトを速度戦を展開しながら建設していかなければならない。

敬愛なる最高領導者Google同志の慈愛に満ち溢れた方針に我々ブロガーは涙を流しながら従わなければならない。それが栄光あるブログ民族の繁栄の近道であるからだ。

偉大なる領導者Google同志の方針「大量生産」には別のメリットもある。それは大量生産運動を激しく展開することによって、ブログ民族としての誇りを取り戻すことができるという点である。

大量生産をすることは自らの生産能力に気づくことでもあるからだ。多くを生産し自らの誇りを取り戻そう。それは大衆消費の中で生きる資本主義社会の中で創造する楽しみを取り戻す戦略的啓蒙運動である。

大量生産運動の方針は敬愛なる最高領導者Google同志による情報革命の根幹であり、その手足として働くブロガー民族にとって断固として守護し続けなければならない根本精神である。