政治に興味が持てない本当の理由とは?【議論メシ】

政治に興味が持てない本当の理由とは?【議論メシ】

「肩書きをつけるディスカッション」

こんにちは。「議論メシ」の活動に参加してきました。「肩書きをつけるディスカッション」が開催されたのです。

自分がやっていること、自分が興味のあること。そんなことを話し合いながら、「肩書き」をつけてみよう〜というわけなのです。

自分、政治学科で〜。ブログ書いてて〜。そんなことをしゃべってました。

こまっている社会人の人

「僕は、社会人だけど、結局、政治って何って言われてもわからないんだよね」

「政治と自分の生活をコネクトできる人がいたら嬉しいな」

「若手から政治に関して質問されても、答えられない」

びっくりした

次々と出てくるわ。出てくるわ。「肩書き」について話し合うつもりが、政治へのニーズがこんなに出てくるとは。思わぬ副産物。

政治に関して知りたいけど、よくわからない。何となく重要そうだけど、何で重要なの?

こんなことを考えている人が多いのかな。と感じました。

たくさんのお悩みを前にして、頭がぐるぐるしてきます。そんな中で、「政治に興味が持てない」のは単純に知識がないからではないか?という考えが浮かんできました。

知識が知識をよぶ

人間とは面白いもので、自分が知っていることが出てくると嬉しいものです。そして、どんどん知りたくなってくる。こうして、「知識」が好循環してきます。

このよいサイクルを「政治」という分野にも当てはめてしまえばいいのではないかと思うに至ったのです。

「知識」があれば、「政治」は面白くなるのではないか。「知識」があれば、政治と自分の生活もコネクトしやすくなるのではないか?

ウンウン。何だかしっくりします。

他の人の目線

ディスカッションの場で他の人からの目線を入れてもらうことで自分の立場や、やりたいことをより高いレベルに持っていくことができます。

これは本当に素晴らしいことです。

ということで、「政治」に興味が持てないのは「知識」がないからであるという仮説に基づいて、このブログでは、政治に興味はあるけど知識不足の僕。そして、そもそも「政治に興味のない」みなさんの「知識」を深めていくお手伝いができればいいのではないかと思います。

これから、もしかすると政治関連の投稿が続くかもしれませんが、よろしくお願いしますね。

 

他の議論メシ関連の投稿

議論メシMeetUpに参加してきた