久しぶりの更新 

久しぶりの更新 

久しぶりの更新です。大学の授業も始まり、忙しい日々を送っています。

今後はブログを卒論研究を進めるためのツールとして活用していきたいと思っています。卒論やそのあとの修論を見据えて、書籍を読んだり、先行研究を検討したりとやるべきことは多いですが、その過程をこのブログにまとめていければ、有意義なコンテンツが提出できるのではないかと思います。

私のフィールドは北朝鮮の政治体制ですが、卒論で現在考えている構想は、大枠で言うと「北朝鮮の政治体制に日本の天皇制が与えた影響」です。

論文を書くにあたってはやはり問題意識を鮮明にすることが必要です。その問題意識を解いていくために先行研究を検討し、先行研究に何が足りないのかを調べなくてはなりません。

現段階ではまだまだ問題意識が鮮明になっているとは言えませんので、まずは多くの書籍に目を通して、問題意識を鮮明にしつつ、先行研究にあたっていく必要があります。

北朝鮮に関心を持った根源を探ってみると「なぜ北朝鮮は崩壊しないのか」ということなんだろうと思います。

北朝鮮が崩壊しないためには強固な政治体制が確立されていることが必要です。僕としては、やはり北朝鮮と日本の関係について検討していきたいと思っています。さしあたり北朝鮮の政治体制に対してどのように日本が影響を与えているのかをスタート地点に研究を進めていきたいと思っています。