align="center"

【ムーミン】人間関係に悩んでいる人へ。スナフキンの言葉を。

【ムーミン】人間関係に悩んでいる人へ。スナフキンの言葉を。

いつも愛想よくなんてやっていられないよ 理由は簡単 時間がないんだ

ムーミンの世界でのスナフキンは自由と孤独を愛する旅人だ。どこからともなくやってきて、ふっと去っていく。

しかし、彼はただ去っていくだけではない。僕らの心にぐさっと刺さる言葉を残して去っていく。

スナフキンの言葉は爽やかだ。それは彼が孤独を愛する旅人と無関係ではない。押し付けがましくない。彼の去り際と生き様が爽やかだからだ。

彼の言葉に触れてみると、自分自身が社会の雑踏の中でうずくまって我慢しているんだなと感じてしまう。孤独を愛する旅人・スナフキンの言葉に憧れ、彼のように生きたいと思う人も多い。

恥ずかしいけど僕もその一人だ。彼のように生きたいと思うことはたくさんある。

スナフキンは孤独を愛している。確かにそうだろう。でも、彼の言葉の節々には孤独であることの寂しさも感じて取れるのだ。孤独が好きなんだけどやっぱりちょっと寂しいな。そんな彼の二面性に共感する人も多いだろう。

最初に出した彼の言葉

いつもやさしく愛想よくなんてやってられないよ。理由はかんたん。時間がないんだ

この言葉だけを聞けば、彼は孤独を愛し、他の人間とは交流することに意味を見出していないように見える。しかし、次の言葉を見てほしい。

心の繋がった仲間こそ、ルビーにも勝る美しいルビーさ。

仲間の存在を信じ、仲間の大切さを知っているからこそ、彼はこんな言葉を紡ぎ出せるのでしょう。

いつも愛想よくやっていられないよ。いろいろ気を使うことも多いからね。でも、いろいろ気を使ってもいいなと思える仲間いることは幸せなことなんだ。そんな仲間はルビーにも勝るルビーだね。

どうやったってルビーになりえない他人におべっか使って、自分の時間を浪費している人は多いんだろう。そんな人は自分の人生だけではなくて、他の人も不幸になっている。一緒になって時間を浪費しているからだ。

そんな人は「スナフキン 名言」と検索してみてほしい。彼の言葉がいろいろ出てくるだろう。その一つ一つを味わってみてほしい。

彼の言葉には「一人の時間も大切だけど、完全な孤独にはなりたくない」という現代人の葛藤がみて取れる。

自分以外の人間がどう思っているのかを考えがちです。そのヒントになるのがスナフキンの「二面性」なのではないでしょうか。「二面性」現代の中に抱える闇。

人間関係に疲れた人へ。スナフキンのように孤独を愛している人でも実は仲間の存在を大切に思っている。逆もそうです。みんなといるのが好きな人も、実は自分の時間を大切にしている。

人は二面性を持っている。そんなことを承知しながら、「いつも愛想よくやってらんないよ」とやってみてはいかがかな。誰も不幸にならないと思うんだよね。