【工場見学】オトナの遊び場にサントリーのビール工場はいかが?

【工場見学】オトナの遊び場にサントリーのビール工場はいかが?

8月17日 @東京都府中市

<サントリー天然水のビール工場 武蔵野ブルワリー>

麦酒

白い泡と純金のコントラストが美しい。

働いた後。

特別な日。

嬉しいことがあった時。

人はグラスを持って、ぐいっとビールを飲む。上唇についてしまった髭をみて笑い合う。

 

「惚れるっ」

 

人生を走れば走るほどビールが美味しいと感じる瞬間は積み重なっていきます。

だからこそ、歳を取れば取るほど、人はビールの美味しさに虜になっていくのではないでしょうか。

私と同じような大学生にとってはどんどんビールが美味しくなっていく年代でしょう。

そんな「オトナ」たちへ。オススメの遊び場をご紹介します。

サントリー<天然水のビール工場 東京・武蔵野ブルワリー>

です。

ここでの工場見学は

・ビールに惚れ込んだオトナたち

・ビールに惚れかけているオトナたち

にとってめちゃめちゃエモいのではないでしょうか。

JRと京王線の分倍河原駅からシャトルバスに乗って約10分。

ガラス張りの工場が出迎えてくれます。

suntoryのビールといえば

「プレミアムモルツ」

数々の著名な賞を獲得している高級感あふれるビールです。

その「プレミアムモルツ」がどのように作られているのか。

それがわかる工場見学をサクッと説明しましょう。

ビールはざっくり言うと

①麦のジュースを作ります

②麦のジュースに「ホップ」を投入して、香りをつけます。

③そこに酵母を投入して、発酵させます。酵母の働きによって、アルコール分が発生し、熟成させて完成

という感じです。

工程

今回の工場見学ではこの工程をダイナミックに知ることができます。

まずは①の工程。麦のジュース作りについて説明されます。

実際に入ってみると、麦の香り、工場の熱を感じます。

②ホップを加える工程について説明されます。

ここでは実際に「ホップ」の香りを感じることができ、ビール作りに使われている「ダイヤモンド麦芽」を食べさせてもらえます。

ホップは

臭い。

うさぎのえさみたいな匂いがする。これがビールに投入されて、美味しい美味しいと言って人は飲むんだから、本当に不思議だなあ。

というか、最初にホップを入れようと思った人がすごいなあ。

「ダイヤモンド麦芽」はとっても美味しい。「ダイヤモンド」というからにはとても硬く、ガリガリッと食べていく。歯に挟まる。でも、ほんのり甘くて、香ばしい。

これ、そのままおつまみとして使えるんじゃないかと思ってしまうほど。

「プレミアムモルツ」を作るための原料について、味覚、嗅覚を存分に使って楽しめました。

残念だったのは、実際に缶にビールが注がれているところを見られなかったこと。ちょうどメンテナンス中だったようで、がらんとした工場。

行くタイミングによってはこんなこともあります。目の前でドバーッと缶に詰められている様子が見たかったものですが、それは仕方ありまっせーん。

試飲

周りのオトナの方は、この瞬間がお待ちかねだったのではないでしょうか。

「試飲タイム」!!!

「試飲」と言って、侮ることなかれ。

ビール注ぎのプロフェッショナルが注ぐビールがグラス3杯まで飲めちゃいます。最初の1杯は「プレミアムモルツ」。2杯目以降はモルツシリーズの他の種類のビールも飲めちゃいます。

いやあ

懐、深いっす。

おつまみもついてます。

ビール工場に工場見学に行くぐらいなんだから、僕は無類のビール党…という訳ではないんですよね。飲み会に行ったら、もっぱらハイボールばっかり飲んでます。

でも、今回飲んだ「プレミアムモルツ」は美味しかったなあ。

惚れてしまいそうです。

やっぱり注ぐ人が違うと美味しさも変わるものなのかしら。

昼からビールを飲めて、幸せだーと周りのオトナの方達。その境地には達していないけれど、十二分に楽しめる試飲タイムでした。

五感

実際に工場を見て、工場の熱気を体感する。ガイドさんのお話を聞いて理解を深める。ビールの原料を食べてみて、実際にビールを試飲してみる。

まさに五感で楽しむビール工場見学。これにて終了です。所要時間は約1時間10分ほど。

お土産を物色していたら、ガイドの人が話しかけてくれました。お話ししているうちに、わかったことがあります。

サントリーはビール業界に後発で入ったこと。

だからこそ、社員みんなでサントリーのビールを盛り上げていこうとする気持ちがあること。

社員みんなお酒好き!

そんなサントリーさんの熱意は工場見学でもひしひしと感じられました。

普段飲んでいるビールの裏側まで知ったら、乾杯がもっと素敵になるはずです。

オトナの人の遊び場・サントリーの東京武蔵野ブルワリーでした。