align="center"

オワコンな日本の大学で勉強へのモチベーションを維持する方法とは?

オワコンな日本の大学で勉強へのモチベーションを維持する方法とは?

勉強しない日本の大学生が失っているもの

基本的に日本の大学生って勉強しないですよね。データに出てますね。僕は私立でもトップクラスの大学のそのまたトップの偏差値を誇る学部に通っていますが、常日頃勉強してる人はあまりいません。

気を悪くしましたか?すみません。まあいいのです。

トップの大学でこれなんだから、勉強に関してはこれ以下の大学ばかりなんだろうって思っています。

でも、勉強しない大学生が失っているものってめちゃくちゃ大きいとも確信しています。人生の中でもトップクラスに時間があり、体力もある。お金はないかもしれないけど、最近では学びながらお金をもらえるシステムも整いつつある。

そんな大学生活の時間をバイトにひたすら突っ込み、その金で酒を飲むみたいなことって本当に無駄なことだと思うのです。

僕は大学生は勉強するべきだと思っていますが、ただ勉強するだけじゃなくて、生きていく上で役に立つような勉強の仕方をした方がいいと思っています。じゃないと、他の楽しいことに流されてしまって勉強なんてしなくなってしまうからです。

日本の大学生が勉強すべき理由

大学での勉強が重要なのはそれが今後の生活にかかってくるからです。大学で学んだことはその人の生活に深く影響を及ぼします。自分の中にどんな知識があるかで世界の見方は変わり、行動が変わり、人生で体験することが変わってくるのです。

例えば政治について学んだら、選挙や政策を見てもより理解度が変わってくるでしょう。経済を学べば、株価の変動への見方が変わってくるでしょう。マーケティングを学べば商品の見方が変わってくるでしょう。

でもそんなことって大学卒業後でも勉強できるんじゃないのってことなんだけど。確かにそうかもしれない。大学で勉強する意味を語るなら、「大学」で勉強する意味を明らかにしないといけない。

大学で勉強するメリット

大学がアカデミックなところであることが大学で勉強することのメリットです。

アカデミックな大学で勉強したり、学問することで普遍的なものを学べるのでは。

で、大学で勉強しないってのはこれらの目線をつけることのないまま卒業していくことに他なりません。

これってとても恐ろしいことで、極論を言えば、高校生の社会を見る目線を持っていないままいろんな仕事をすることになるのです。

でも、社会が大卒の人間に求めるのは大学での勉強をした結果、社会への目線を深め、社会を哲学したことなのではないかなと思っています。

だから、勉強って大事なのではないでしょうか。

オワコンな日本の大学システム

かといって、やみくもに勉強しろしろっていっても、大多数の大学生は勉強しません。

興味ない科目もたくさん取らないといけないし、教授は授業へのモチベーションが低い。いい成績をとっても別に就職に有利になるわけではありません。授業を頑張るくらいならバイトやらサークルやっていた方が就職のネタになります。

その結果、授業でのやる気もなくなるし、そんな学生の姿を見て、教授はもっとやる気がなくなる。授業はつまらなくなる。以下、負のスパイラル。

こんな感じで日本の大学は勉強や学問という面ではオワコンです。勉強は必要だが、大学では勉強するインセンティブがない。

じゃあ社会人になったら勉強するかっていうと、まあしないでしょう。勉強には時間的にも費用的にもコストがかかるからです。

僕がお会いした社会人の人はおしなべて「学生の時にもっと勉強しておけばよかった」と言う。この発言の真意はなんだろう。やっぱり

きっと仕事をする中で、勉強の価値に気づくのだろうが、僕ら大学生にはそれはわからない。

その価値を教えることを教育者である大学の先生には期待することはできない。さっきもいったけど教授には授業をするインセンティブがないからだ。

勉強しなければ、大学生という貴重な時間と学費をドブに捨て、特段語れることもなく、時間と金を無駄にしていく。得たものといえば、なあなあでゲットした紙切れ=卒業証書だけだ。

学問と実際の生活を結びつける

勉強の重要性はわかるけど、どうすりゃいいのよ。興味ないし。って人が多いんでしょう。普段から興味あることとアカデミックなことを結びつける必要があるんだろうと思っています。

例えば、カフェのバイトで接客するのが好きな人は、笑顔の研究とか表情の研究とか心理学とつながりそう。

とかとか。

同じカフェでバイトしている人でも、お金に興味ある人がいるかもしれない。経営はどうなっているの?時給ってどうやって決まっているの?どうやったら時給って上がるの?これは経済学とか金融とかに関係ありそう。経営学も。

とかとか。

こんな感じ。

興味を持ったものを大学でのアカデミックなことと結びつけていくことができたら大学でも勉強も楽しくなるんじゃないかな。

でも、何にも興味わかないんですって人もいるんだろうなあああ。そんな人を振り向かせて、大学で勉強させようとするシステムは日本にはないし、そんな人を振り向かせようとすること自体、無理があるのかもしれません。

好奇心とか探究心てのは生まれ持ったものも関係するからね。ただ、大学での勉強がつまんないんだけど、少しでも面白くしたいって人は、アカデミックな世界だけで頑張るのではなくて、自分の興味あることをアカデミックな世界に結びつけるってことを意識してみたらいいんだろうと思います。

ではでは。