この世の中は地獄であると思った方が楽なのではないか

この世の中は地獄であると思った方が楽なのではないか

辛いことがあると人は絶望する。失恋、裏切り、借金、死別など。人生には嬉しいこともあれば、辛いこともある。辛いことがあるたびに人は悲しみ、憂鬱になる。ひどければ絶望するし、うつ病になったり、最悪、自殺する。

辛いことにあって絶望している人が決まっていうセリフは「ああ。この世は地獄だ…」

そんな人を見て、周りの人は「そんなことないよ。生きていればいいことあるよ」と言う。でも僕は絶望している人に向かって「そうだよ。この世は地獄だよ。」といってあげたい。

地獄とは空想上の産物で、実際には存在しないもんだ。でも人々の中には「地獄=最悪なもの」ってイメージがついているから、自分が辛い状況になった時、今生きている世界を【地獄】と呼ぶ。

実際に存在しないから地獄にいったことのある人もいなければ、地獄を見たことのある人もいない。

地獄のイメージはどんなものだろう。閻魔様がいて、針山がいっぱいあって、暗くて、暑くて、人々が悶え苦しんでいる。うん、完璧だ。

じゃあもうこれ、地獄ってこの世界じゃん。自分を不幸にしてくる「閻魔様」みたいな人間って必ずいるし、「針山」みたいな悲劇や辛いことなんて人生にはたくさんある。

芥川龍之介はこう言った。

「この世は地獄以上に地獄的だ」

芥川に言わせれば、本物の地獄なんて辛いことのパターンがいつも一緒だから、そんなに辛くないらしい。

そうなのか?と思うけど、まあ芥川が言うならそうなんだろう()

彼の発言からわかることってのは辛いことのパターンがこの世界では一緒ではないと言うことだ。この世での辛いことのパターンは千差万別でよりどりみどりである。

予測もできなければ、種類も多いし、この世界の辛いことは手を替え品を替え、僕らに押し寄せてくる。本当に辛い世の中だ。芥川の発言からはそんな彼の思いが読み取れる。

でも、僕は心底絶望しなからこの世の中を生きていく必要は全くないと思う。嬉しいことだって、辛いことと同じかそれ以上あるからだ。

僕はこの世界には過度に期待してはいけないと思うんだ。期待していいのは自分だけだと思うんだ。この世界で辛いことが自分に出てきたら、この世界は地獄だからと割り切る。嬉しいことがあったら、地獄なのに嬉しいことあるんだと嬉しさが倍増する。

この世界で生きること。それは自分に期待しながら、自分以外の他のものには期待しないことが大切だと思う。自分がコントロールできないことが多い、この世界。辛いことに出会っても、「まあここは地獄なのだから」ということで済ましてしまおう。

そして自分が望むように生きよう。どうせ地獄なのだから、好きなように振舞っても文句を言う人なんていないんだ。