コロナウイルスで精神が疲れた人にオススメのカフェを紹介する

コロナウイルスで精神が疲れた人にオススメのカフェを紹介する

最近は新型コロナウイルスに関する報道ばかり。仕方ないとは思いつつ…疲れます。

新型コロナウイルスは私たちに死への恐怖をもたらします。当たり前です。中国では3000人ほどが死亡。日本でも日に日に亡くなる方が増加しています。

人間には本能的に「死への恐怖」。だから新型コロナウイルスは人々の耳目を集めてやみません。

報道機関は視聴率や発行部数が命ですから、当然コロナウイルスは稼げるネタでしょう。報道が過熱すれば人の関心はより新型コロナウイルスへと向かいます。当然、報道はコロナウイルス一辺倒。

あーあ。こんなこと書いていても疲れてきますわ。もう無理。リスカしよ。

私は新型コロナウイルスの危険性を否定するつもりはありません。でも最近はウイルスとそれにまつわるエトセトラが多すぎて、ウイルスそのものとは直接関係ないネガティヴな言説があふれていると思うんです。

こんなツイートをしました。

こんな時節ですから引きこもる人も多いでしょう。コロナの話ばかり聞いていると精神が病む人も多いでしょうから、ネコに会うのがよいのではというご提案をしようと思います。

ネコはコロナウイルスを知りません。いや知っているかもしれませんが、少なくともそのことについて全く何もいいません。

そんな姿をみているととっても安心します。

私がネコに出会ったのは神楽坂にあるカフェ、「ムギマル2」です。

入り口はこんな感じ。

カフェのサイトはこちらから。どうぞ。

https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13019116/

もはや「隠れ家的カフェ」ではなく、「カフェ的隠れ家」です。完全に入り口が隠れています。

中に入ると長い白髪を蓄えた中年女性が迎えてくれます。靴を脱いで2階にあがると不思議な空間が広がっています。どこか懐かしくも古臭くて陰気臭い。おまけにエアコンがついていないので寒い。

批判しているようですが、批判していません。

建物がつるに囲まれているため店内は暗く、外からの音も遮断されています。東京のど真ん中にいながら全く別の世界に入り込んでしまったようです。

で、こちらにいたのがさっきのネコだったというわけです。

コーヒーしか頼みませんでしたが、美味しかったです。でも寒いのですぐ冷めます。一気に平らげましょう。

非日常な空間で何も語らない猫と同じ時間を過ごす。手洗い以外にもこんなコロナウイルス対策もいいのではないでしょうか。

以上、埼玉からでした。