YouTuberは北朝鮮に「潜入した」と言うのを止めろ

YouTuberは北朝鮮に「潜入した」と言うのを止めろ

私は大学にて北朝鮮政治を専攻しているものです。初めましての人はどうぞよろしく。

私は2019年9月に北朝鮮を訪問しました。嘘だろと思う方はこちらのnoteをご覧ください。今日は「YouTuberは北朝鮮に「潜入した」と言うのを止めろ」という話をします。

「潜入」とか嘘ですから

北朝鮮についてYouTubeで検索してみると多くのYouTuberが北朝鮮に「潜入してきた」という動画を出しています。

なんでみんな「潜入」って使うんですかね?????

再生数が伸びるのかな????

でも彼らがやっていることは全然「潜入」じゃありません。

彼らは観光ツアーをやっているだけです

北朝鮮は国境を自由に行き来することはできません。そのため多くの日本人の方は北朝鮮には行くことができないと考えているようです。

だからこそ上記YouTuberは「潜入」という言葉を使って、自分があたかも「裏ルート」で北朝鮮に潜り込んだ印象を与え、耳目を集めようとしています。

しかし、基本的に金を積めば誰でも北朝鮮を訪問することは可能です。北朝鮮当局が公認したツアー会社を通じて観光旅行をすることができるからです。

YouTuberも同様です。彼らがやっていることはゴリゴリの正面からの北朝鮮訪問であり、断じて「潜入」という言葉で表現されるスパイ的なものではありません。

彼らは北朝鮮のツアー会社の添乗員さんに付き従って、北朝鮮当局が見せたいものを見せてもらっているだけです。

しかし、「潜入」という言葉を使うと本当の北朝鮮を見ているかのように錯覚してしまいます。これは大問題です。

なぜなら北朝鮮は観光を通じて自らの「見せたいもの」だけを見せるからです。だからYouTuberたちは動画のタイトルを

「北朝鮮観光ツアーを楽しんできた」

「北朝鮮で当局が見せたいものだけを見てきた」

「北朝鮮によるプロパガンダに3日間付き合ってきた」

などとする必要があります。

YouTuberが「潜入」と称する行為はなんら「潜入」ではありません。北朝鮮当局が認めたツアーに参加し、添乗員さんにしたがって北朝鮮観光をのんびりと行っているだけです。

「本物の北朝鮮」には気を付けろ!!

「北朝鮮のリアル」「本物の北朝鮮」のようなメディアが使う紋切りのフレーズには気をつけてください。北朝鮮はその本当の姿を我々に見せるわけがないからです。

いずれにせよ視聴者の方はYouTuberが北朝鮮に行って「本当の北朝鮮」の姿を見て私たちに報告しているとは思わないでくださいね。

彼らがやっていることは「潜入」ではありません。正面から観光ツアーを楽しんでいるだけなのです。